会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

料理をより美味しく。波佐見で生まれる「Pebble Ceramic Design Studio」の器

料理をより美味しく。波佐見で生まれる「Pebble Ceramic Design Studio」の器

波佐見焼で有名な長崎県波佐見町出身のデザイナー・石原亮太さんが手掛けている陶磁器ブランド「Pebble Ceramic Design Studio(ペブルセラミックデザインスタジオ)」。波佐見の職人さんたちとともに、美味しいものを美味しく食べるためのハイクオリティな器の数々が生み出されています。

波佐見町出身のデザイナーが手掛ける陶磁器ブランド

「Pebble Ceramic Design Studio(ペブルセラミックデザインスタジオ)」は、陶磁器デザイナー・陶磁器作家の石原亮太さんが2013年に立ち上げた器のブランドです。石原さんが生み出しているのは、美味しいものを美味しく食べるための器。料理を更に素敵な気分で味わわせてくれるようなプロダクトの数々に、思わず惚れぼれしてしまいそう。
石原さんは、波佐見焼で有名な長崎県の波佐見町出身。「Pebble Ceramic Design Studio」の商品づくりは、最初から最後までを一人で進めるのではなく、波佐見の型屋さんや素地屋さん、窯屋さんに協力してもらうことで成り立っているとのこと。熟練の技術・経験を持つ波佐見の職人さんたちとともに、レベルの高いものづくりが行われているのです。

安定感◎のマグカップ

中でも特に目を引くのは、個性的ながらももの柔らかな印象を与える花柄。なんだか穏やかな時間が流れているような、そんな気分にさせてくれる柄が描かれています。底が広くなっているのがポイントで、おうち使いはもちろん、オフィスで使うのもおすすめな安定感です。また、取っ手が大きく作られているので、熱いドリンクを入れても大丈夫。

Mug Cup/3,780円

手描きの花が咲くスクエアディッシュ

なにかと使える、少し深さのある四角い器。その内側に描かれた柄は一枚一枚手描きされているとのことで、二枚として同じものがありません。まず花の絵柄を彫り、その上からサビと呼ばれる絵の具で絵付けをするんだとか。独特な色味と風合いで描かれたその花の上に、どんな料理を盛りつけようかわくわくしますね。サイズもいくつかあるので、お揃いで揃えてみてはいかがでしょうか。

Square Flower/3,240円-4,860円

使い方さまざまな大小のサラダボウル

こちらは大・小の2サイズ展開のサラダボウル。ある程度深さがあるので、そうめんや汁物用にもぴったり。大ぶりなLサイズにはサラダをたっぷりと盛りつけて、Sサイズのボウルは取り皿にする、なんていう使い方もいいですね。友人を呼んでの家飲みなどでも大活躍しそうです。

Salad Bowl/3,240円-12,960円

食卓にとっておきの一枚を

料理を盛りつけたあとも、ちらりと覗く柄が印象的な「Pebble Ceramic Design Studio」の器たち。他にももっとご紹介したいプロダクトが盛りだくさんです。波佐見のファクトリーから生み出される、丁寧かつハイクオリティのものづくりの背景を知ることで、更に魅力が増してきますね。食卓にそんなとっておきの一枚があるだけで、食事の時間が何倍も素敵なものになることでしょう。

Pebble Ceramic Design Studioのロゴ

Pebble Ceramic Design Studio(ペブルセラミックデザインスタジオ)

http://pebble-st.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報